嫌われる勇気自己啓発の源流「アドラー」の...(楽天Kobo電子書籍ストア)のレビュー・口コミ | みんなのレビュー

  •  
Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。
Adobe Flash Player を取得
商品満足度が高かった人のレビュー
  • 5 2015-12-26
  • 昔の自分を見るようです
  • 「青年」の考え方が、20代の頃の私とそっくり…(笑)かつて私も、悩める青年でした。私は現在30代ですが、考え方でいうと「哲人」と「青年」の中間くらいのポジションになってきた感じがします。極論に走りたがる青年の気持ちも分かるし、それらを丁寧に論破してゆく哲人にも共感できる。ちょうど良いタイミングでこの本に出会ったんだな…、と思いました。この本を読みながら、私以上に「青年」に似ていた、 ・・・(続きを読む
  • 4人が参考になったと回答
  • 購入者さん
商品が期待と異なった人のレビュー
  • 3 2016-10-03
  • アドラーが書いた本かと思ってポイント消化で買ってしまいました。実際は日本人が書いた対話形式の読み物です。「青年」が青い。いまどき風ではなかったです。困りました。格安SIMで速度がでない環境下なので、画像の多いレシピ本などはダウンロード不能になるのですが、この本は文字が中心だったのでダウンロードできました。漫画っぽい語り口かな。バシャールのほうがシンプルでわかりやすかったです。あとで検索してみたら著者は1956年生まれでした。ご参考に ・・・(続きを読む
  • 1人が参考になったと回答
  • 購入者さん
並び替え
新着レビュー順
商品評価が高い順
参考になるレビュー順
1件〜15件 (全 36件)次のページへ
絞込み
キーワード
  • 条件をクリア

5 2017-11-05

一生懸命生きる意味、生き方が分かる
これは、こんな人が読むと心が軽くなると思う。
というか、昔の私です(笑)
昔の私が出会いたかった本です。
・自分の居場所がない気がする
・人が怖い、人の評価が気になる。
・生きる意味が分からず、探している。
・何を言われてもヘラヘラして、言いたい事が言えない。
・愚痴っぽい。
・こうなったのは、誰か若しくは、あの出来事のせいだと思っている。
・○○に出会わなければ今頃上手くいって幸せだったのに。
結局は他の物事のせいにしても、何も変わらない、自分が変わればまわりの世界が自然に変わっている。
今、この瞬間を最大限精一杯、最善な生き方をしていくことだけ。
過去も未来も関係ない。今ここにいる自分がどうあるべきなのか。
自分は自分、人は人、劣等感も優越感もいらない。
アドラー心理学は、、宗教的でり、哲学的であり、心理学的。
自分を愛する事、愛し方を教えてくれる一冊だと思います。
自分を愛し、肯定出来なければ、人は真っ直ぐ歩けませんよね。
一人でも多くの人が、アドラー心理学に出会い共感していけたら、世の中もっと生きやすくなるんじゃないかな?
このレビューのURL


このレビューは参考になりましたか? 不適切なレビューを報告する

5 2016-06-01

  • 商品の使いみち:趣味
  • 商品を使う人:自分用
  • 購入した回数:はじめて
知らない事を知る勇気!
◆知らない事を素直に知る感性が無いとただの「木偶の坊」になる
警鐘を私は感じました。
◆嫌われる勇気自己啓発の源流「アドラー」の教え【電子書籍】[ 岸見一郎 ]
商品単価:1,296円 商品個数:1 2016年5月2日
注文番号:278256-20160502-0917846327
◆商品基本情報
著者: 岸見一郎, 古賀史健
発売日: 2013年12月16日
出版社: ダイヤモンド社
商品番号: 4410258100000
言語: 日本語
対応端末: 電子ブックリーダー, Android, iPhone, iPad, デスクトップアプリ
◆商品説明
フロイト、ユングと並ぶ心理学三大巨匠の一人、アドラー。日本では無名に近い存在ですが、欧米での人気は抜群で、多くの自己啓発書の源流ともなっています。本書では、アドラー心理学の第一人者である岸見一郎氏がライターの古賀史健氏とタッグを組み、哲学者と青年の対話篇形式で彼の思想を解き明かしていきます。
このレビューのURL

17人が参考になったと回答
このレビューは参考になりましたか? 不適切なレビューを報告する

  • ゲストさん
  • 購入者さん

5 2016-07-29

  • 商品の使いみち:実用品・普段使い
  • 商品を使う人:自分用
  • 購入した回数:はじめて
子育ての指針に
「アドラーの教え」と「嫌われる勇気」というタイトルに惹かれて購入しました。自分が他人の目を気にしすぎる傾向にあるので、このタイトルに非常に惹かれました。
哲学者とアドラーの教えに反抗的な青年との対話形式で書かれていて、大変読みやすかったです。
アドラーの教えについては他の本でも読んだことがありましたが、自分のことだけでなく、子育てについても書かれている箇所があり、私にとってはこれが最も参考になりました。(ネタバレになりますので、詳しくは書けませんが...)
人の目が気になる、対人関係に悩む気の小さな方におススメの本です。
このレビューのURL

1人が参考になったと回答
このレビューは参考になりましたか? 不適切なレビューを報告する

  • ゲストさん
  • 購入者さん

4 2016-06-25

  • 商品の使いみち:実用品・普段使い
  • 商品を使う人:自分用
  • 購入した回数:はじめて
読んで良かった。でも何度か読む必要がある。
このレビューのURL

1人が参考になったと回答
このレビューは参考になりましたか? 不適切なレビューを報告する

  • ゲストさん
  • 購入者さん

5 2017-03-11

  • 商品の使いみち:実用品・普段使い
  • 商品を使う人:自分用
  • 購入した回数:はじめて
面白かったです
TVドラマを見て興味を持ち購入。「ほめること」を考え直すなど、大変参考になりました。電子書籍は読みやすかったです。
このレビューのURL


このレビューは参考になりましたか? 不適切なレビューを報告する

  • lostpataさん
  • lostpataさん
    30代 男性 購入者 レビュー投稿 4
  • お気に入りレビュアーに登録

5 2017-01-14

生き方のバイブルになりました
すごくためになります。読むとスーッと気が楽になります。
良書ですよ!
このレビューのURL


このレビューは参考になりましたか? 不適切なレビューを報告する

  • toper1059さん
  • toper1059さん
    20代 女性 購入者 レビュー投稿 31
  • お気に入りレビュアーに登録

4 2016-10-26

考えさせられる
アドラー心理学
考えさせられました
でも実行するのは難しい!笑
このレビューのURL


このレビューは参考になりましたか? 不適切なレビューを報告する

5 2016-09-18

アドラーの考え方を、対話式で書かれているので、とても読みやすくて面白いです。
このレビューのURL


このレビューは参考になりましたか? 不適切なレビューを報告する

  • ゲストさん
  • 購入者さん

4 2016-08-02

  • 商品の使いみち:趣味
  • 商品を使う人:自分用
  • 購入した回数:はじめて
これまでの人生を再確認
若者と哲学者のやり取りで進んでいきます
あっさり読んでしまえるくらいのめりこむことができます
人生の振り返りに良い本だと思います
終活のお伴にします
このレビューのURL


このレビューは参考になりましたか? 不適切なレビューを報告する

5 2015-02-01

ビジネス本で常に上位になるだけあって
とてもおススメです。タイトルで敬遠していましたが、もっと早く読んでおけばよかったと思える本です。電子書籍より、紙面体のほうがおススメかな。
このレビューのURL

6人が参考になったと回答
このレビューは参考になりましたか? 不適切なレビューを報告する

5 2014-03-21

心理学
心理学っぽい本が大好きです。
アドラーは初だったのですがなるほど!と思うことがいっぱいでした。
対話形式でとても読みやすいです。
このレビューのURL

4人が参考になったと回答
このレビューは参考になりましたか? 不適切なレビューを報告する

5 2015-07-22

  • 商品の使いみち:実用品・普段使い
  • 商品を使う人:自分用
  • 購入した回数:はじめて
別に嫌われることを勧めてるわけではない、
別に嫌われることを勧めている本ではない。そんなことをするとみんなに嫌われるよ、といい、その実「みんな」とは自分のことであるような、卑怯な連中に振り回されなくても良い、といっているのである。あたりまえだが、だいじなことだ。人生はダンスを踊っている内にどこかにたどりつくようなもの、という一節が気に入った。
このレビューのURL

4人が参考になったと回答
このレビューは参考になりましたか? 不適切なレビューを報告する

  • ゲストさん
  • 購入者さん

5 2015-12-26

  • 商品の使いみち:趣味
  • 商品を使う人:自分用
  • 購入した回数:はじめて
昔の自分を見るようです
「青年」の考え方が、20代の頃の私とそっくり…(笑)かつて私も、悩める青年でした。
私は現在30代ですが、考え方でいうと「哲人」と「青年」の中間くらいのポジションになってきた感じがします。極論に走りたがる青年の気持ちも分かるし、それらを丁寧に論破してゆく哲人にも共感できる。ちょうど良いタイミングでこの本に出会ったんだな…、と思いました。
この本を読みながら、私以上に「青年」に似ていた、ある同級生のことを思い出しました。今は故人です。生きていたら、きっとこの本を面白がったろうと思います。
生前の彼もまた「悩める青年」で、自分のことが嫌で嫌で仕方ない様子でした。また、自分から難しい議論をふっかけてきたかと思えば、いきなり極論に走って嘆きまくるあたりなんか、まるっきり本書の「青年」と同じでしたね。
今思えば…彼は、哲学の世界には必要な人間だったのかもしれません。
私と彼とはよく似ていましたが、一つだけ違っている所がありました。
私はノロマで臆病で、何をするのも大体人よりワンテンポ遅いけれど、その同級生は、非常にせっかちな性格でした。頭の中に「ある極論」が浮かんだ時、私の場合は躊躇してなかなか実行には移せないけれど、あいつはそれを実行してしまう。プライバシーに関わることを詳しく書くことはできませんが、例えばゲーテの『若きウェルテルの悩み』をお読みいただければ、私の同級生とよく似たケースが書いてあります。
20代以降の私の人生は、その同級生が出した「極論」に対するアンチテーゼのような所があります。
例えば生前の彼は、「自分には価値がない」と嘆いたり、辛い経験をして非常に落ち込んだりしていました。
しかし辛い経験は、(その時はマイナスだと感じられても)長い目で見れば、プラスになる可能性があります。その経験は未来の自分自身を救うかもしれないし、他の誰かの支えになるかもしれない。
アドラーの考えに照らし合わせると、こういった可能性を秘めている「私(あるいは、あなた)には、すでに価値がある」ということになるのかもしれません。
ただし、実際にどんな形でプラスに転ずるのかは、実際に生きてみなければ分かりません。間違っても、自分の価値と未来と可能性を途中で丸ごとブン投げるような真似をしてはいけない。してはいけなかったのです。本当に、この本を読ませたかった。
このレビューのURL

4人が参考になったと回答
このレビューは参考になりましたか? 不適切なレビューを報告する

  • ゲストさん
  • 購入者さん

5 2016-02-29

  • 商品の使いみち:実用品・普段使い
  • 商品を使う人:自分用
  • 購入した回数:はじめて
読書する事から随分離れていましたが、重たくなりそうな問題を、対話スタイルでテンポ良く話が進んでいくので、どんどん読めます。分かりやすく自分の中の問題の整理にとても役立ちます。他の人にも勧めたい本です。
このレビューのURL

3人が参考になったと回答
このレビューは参考になりましたか? 不適切なレビューを報告する

4 2016-05-01

  • 商品の使いみち:実用品・普段使い
  • 商品を使う人:自分用
  • 購入した回数:はじめて
発想の転換
原因論からの脱却を目指した書籍ですね。
トラウマはトラウマではなく、トラウマと自分が思っているだけ。
それに囚われず、新たな価値を当てはめることで、人生に新たな意味を持たせる。
実践できるようになるまで、時間がかかるでしょう。
が、試してみる価値はあります。
このレビューのURL

2人が参考になったと回答
このレビューは参考になりましたか? 不適切なレビューを報告する

1件〜15件(全 36件)

絞込み

購入/未購入
未購入を含む
購入者のみ
★の数
すべて
★★★★★
★★★★
★★★
★★
レビュアーの年齢
すべて
10代
20代
30代
40代
50代以上
レビュアーの性別
すべて
男性
女性
投稿画像・動画
すべて
画像・動画あり

条件を解除する

レビューへの返信機能テストのため、一部ショップにて「ショップからのコメント」を表示しています

みんなのレビューからのお知らせ

レビューをご覧になる際のご注意
商品ページは定期的に更新されるため、実際のページ情報(価格、在庫表示等)と投稿内容が異なる場合があります。レビューよりご注文の際には、必ず商品ページ、ご注文画面にてご確認ください。
みんなのレビューに対する評価結果の反映には24時間程度要する場合がございます。予めご了承ください。
総合おすすめ度は、この商品を購入した利用者の“過去全て”のレビューを元に作成されています。商品レビューランキングのおすすめ度とは異なりますので、ご了承ください。
みんなのレビューは楽天市場をご利用のお客様により書かれたものです。ショップ及び楽天グループは、その内容の当否については保証できかねます。お客様の最終判断でご利用くださいますよう、お願いいたします。
楽天会員にご登録いただくと、購入履歴から商品やショップの感想を投稿することができます。
ケータイから書く
モバイルからもレビューを書こう!
社会的責任[CSR]