「%」が分からない大学生 日本の数学教育...(楽天ブックス)のレビュー・口コミ | みんなのレビュー

  •  
総合評価

総合評価に有効な件数に達しておりません。
投稿お待ちしております。

価格
842円(送料無料) 買い物かごに入れる
採点分布
  • 1件
  •   0件
  •   0件
  •   0件
  •   0件
男性 年齢別
  • 10代   0件
  • 20代   0件
  • 30代   0件
  • 40代   0件
  • 50代以上   0件
女性 年齢別
  • 10代   0件
  • 20代   0件
  • 30代   0件
  • 40代   0件
  • 50代以上   0件
ショップ情報
Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。
Adobe Flash Player を取得
並び替え
新着レビュー順
商品評価が高い順
参考になるレビュー順
1件〜1件 (全 1件)
絞込み
キーワード
  • 条件をクリア
  • ゲストさん
  • 購入者さん

5 2019-04-29

やり方の暗記でなく理解が大切
著者は、ゆとり教育の見直しのきっかけになった「分数ができない大学生」の分担著者です。
今回の「%が分からない大学生〜日本の数学教育の致命的欠陥」を一読して、まず両者の題の違いに気付きました。「できない」と「分からない」の違いです。やり方を真似すればできます。しかし、根本を理解しなければ分かりません。
その違いを留意して読むことが大切だと分かりました。「%が分からない大学生」は入口です。小学校から、算数・数学を理解できない生徒は直ぐにやり方に走る教育を受けさせられます。理解しないうちから「は・じ・き」「く・も・わ」式の学習にさせられ、結果として%が分からない大学生になることを警告しています。とくに%は、もとにする量と比べられる量の表現がいろいろで、しっかり理解していないと間違ってしまいます。これは、本書に書いてあるように、算数から数学まで様々な「理解無視」の「暗記優先」の教育に現れることを具体的事例をもとに述べてあります。
このような教育になった背景には、大学入試で答えを当てる「マークシート式」の試験が中心なことがあり、プロセスを述べた記述式を含む大学入試共通テストに移行する訳もよく分かります。
この種の題の本は、単に大学生のダメさ加減だけをセンセーショナルに書いてある本ばかりですが、本書は真逆で、%が分からない大学生は間違った教育の犠牲者の面が大きいという考えのもと、そのような大学生の立場に全面的に立っていることが素晴らしいと思い、支持したくなる本です。
このレビューのURL


このレビューは参考になりましたか? 不適切なレビューを報告する

1件〜1件(全 1件)

関連ジャンル 本・雑誌・コミック文庫・新書新書その他

みんなのレビューからのお知らせ

レビューをご覧になる際のご注意
商品ページは定期的に更新されるため、実際のページ情報(価格、在庫表示等)と投稿内容が異なる場合があります。レビューよりご注文の際には、必ず商品ページ、ご注文画面にてご確認ください。
みんなのレビューに対する評価結果の反映には24時間程度要する場合がございます。予めご了承ください。
総合おすすめ度は、この商品を購入した利用者の“過去全て”のレビューを元に作成されています。商品レビューランキングのおすすめ度とは異なりますので、ご了承ください。
みんなのレビューは楽天市場をご利用のお客様により書かれたものです。ショップ及び楽天グループは、その内容の当否については保証できかねます。お客様の最終判断でご利用くださいますよう、お願いいたします。
楽天会員にご登録いただくと、購入履歴から商品やショップの感想を投稿することができます。

消費税率改正に関する重要なお知らせ

2019年10月1日より、消費税率が8%から10%に変わります。画面に表示されている価格は新旧税率が混在している可能性がありますので、ご了承ください。
※一部軽減税率が適用され、消費税率が10月1日以降も8%のままとなる場合があります。

また、旧税率で注文完了した後でも、ショップからの配送が10月1日以降になる場合は新税率が適用され、増税分が後から請求されることがあります。購入された商品の税率については、購入履歴の詳細ページをご確認ください。その他の消費税率変更に関する不明点はこちらをご確認ください。

社会的責任[CSR]