銀翼のイカロス (文春文庫) [ 池井戸 潤 ...(楽天ブックス)のレビュー・口コミ | みんなのレビュー

  •  
総合評価
4.61 (33件)
価格
836円 送料無料 買い物かごに入れる
採点分布
男性 年齢別
女性 年齢別
ショップ情報
Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。
Adobe Flash Player を取得
並び替え
新着レビュー順
商品評価が高い順
参考になるレビュー順
1件〜15件 (全 33件)次のページへ
絞込み
キーワード
  • 条件をクリア
  • ゲストさん
  • 購入者さん

4 2020-04-01

半沢直樹PART4
ようやく決まったドラマ第二期が、おそらく原作の3と4だろうことを考えると。これがドラマ後半で描かれる部分。そう思いながら読んでいた(時期は2年以上前ですがw)シリーズ第四弾。
出向先へ飛ばされて、いったいどうなる?という前作から、今度は栄転復帰かと思ったらまたもや難題を押し付けられて、ほとんどトラブル処理専門なスキル屋 発動状態な主人公w 舞台設定、企業小説、権力VS.信念の個々人──という構図と共に、やはり池井戸潤作品らしさに溢れるキャラクターの魅力が秀逸。
人気がある限り続きそうなシリーズですが、ドラマと連動させるのであればあまり長丁場で構えてもいられないはずで、さてどうなることやら、と そちらも気になってしまうw
このレビューのURL


このレビューは参考になりましたか? 不適切なレビューを報告する

  • ゲストさん
  • 購入者さん

5 2020-08-11

ドラマの原作を2冊同時に購入しましたが、おもしろくて、それぞれ1日で読み終えました。こちらはこれから。どうなるかな。楽しみです。作者の方にとって、印税は「数倍返し」じゃないでしょうか(笑)
このレビューのURL


このレビューは参考になりましたか? 不適切なレビューを報告する

5 2020-07-24

  • 商品の使いみち:趣味
  • 商品を使う人:自分用
  • 購入した回数:リピート
テレビドラマの予習
本日、届きました。テレビドラマの予習のため連休中に読みます。
このレビューのURL


このレビューは参考になりましたか? 不適切なレビューを報告する

5 2020-10-27

  • 商品の使いみち:趣味
  • 商品を使う人:自分用
  • 購入した回数:リピート
満足しています
半沢直樹シリーズ、帝国航空バージョンの原作を読みたくて買いました。テレビドラマと比較しながら楽しみました。
このレビューのURL


このレビューは参考になりましたか? 不適切なレビューを報告する

  • ゲストさん
  • 購入者さん

5 2020-10-10

ドラマに触発され購入。
ドラマの進み具合に合わせて、ネタバレしないように読んでましたが、気になって結局先に読んでしまいました。新刊も楽しみです。
このレビューのURL


このレビューは参考になりましたか? 不適切なレビューを報告する

5 2019-03-04

  • 商品の使いみち:趣味
  • 商品を使う人:自分用
半沢直樹シリーズ…大手航空会社の再建
TVで半沢直樹ドラマを見て骨太の企業ドラマが、面白いな〜と思っていた所、
お気に入りレビュアーの【伝助さん】がこちらを紹介されていたので、思わずポチしました。
*
詳しくは、伝助さんが素晴らしい書評(レビュー)を書いておられるので、そちらをご参照下さい。
手抜きをさせて頂きます)^o^(
*
このドラマは、JAL経営破綻に伴って、2009年に政府が主導した再生計画がベースになっています。
国家主導ですから、当然、国土交通省は500億円の債権放棄(借金棒引き)を、銀行団に迫ります。
そうはさせじと、半沢は、丁々発止の戦いを繰り広げます。
*
半沢シリーズの魅力は、展開の速さと、登場人物のキャラの面白さ。今回もドキドキしながら一気に読み進められました。企業再生の裏にある、様々な人物の思惑。そして、恐らく経営破綻によって、多くの人が人生を狂わされたであろうことに思いをはせながら読了しました。
*
ただ、TVではなく活字の世界ですから、人間描写がTVに比べて、薄い感じはしました。
色々と考えさせられる作品でした。
このレビューのURL

26人が参考になったと回答
このレビューは参考になりましたか? 不適切なレビューを報告する

5 2018-12-13

銀行
銀行の真摯な考え方を貫き通した内容に、感動しました
このレビューのURL

1人が参考になったと回答
このレビューは参考になりましたか? 不適切なレビューを報告する

5 2019-06-16

  • 商品の使いみち:趣味
  • 商品を使う人:自分用
  • 購入した回数:リピート
第4弾
楽しみにしてました。
まずはロスジェネから読んでいきます。
このレビューのURL


このレビューは参考になりましたか? 不適切なレビューを報告する

5 2017-10-28

  • 商品の使いみち:趣味
  • 商品を使う人:自分用
  • 購入した回数:はじめて
半沢直樹が帰ってきた!
半沢直樹シリーズをTVで見て非常に面白かったので、その原作者の著書を、中でもTVドラマ化されいないものを思い、本書を購入しました。
あらすじは、出向先から東京中央銀行本店に復帰した半沢直樹に頭取から『破綻寸前の航空会社、帝国航空の再建を担当せよ』という命令。折しも政権が交替、新政権の国土交通大臣は野心に満ちた女性閣僚で、帝国航空再生タスクフォースを起ち上げ、JALに債権もつ半沢ら銀行団に巨額の債権放棄を強引に要求してきた。『債権放棄せずとも自主再建できるハズなのに、500億円もの借金の棒引きなんてとんでもない』と考える半沢。だが相手が大臣では、さすがの半沢も容易に突破口を見出せない。しかもなぜか銀行上層部も半沢の敵に回る。この一件のウラには何が?半沢どう立ち向かう。
今回は最大の敵が政治家にスケールアップ。スピーディな展開、プライドとプライドの激しいぶつかり合い、憎たらしいキャラの敵を理路整然と論破していく半沢の言葉一つ一つが『その通り』と共感。最後に野球でいえば、逆転サヨナラ満塁ホームランを放つ痛快さは、とても面白かったですね。
また今回はチョイ出の金融庁検査官・黒崎の嫌味でねちっこいオネエぶりもいいアクセントになっています。
ただ、本に(文字に)に期待していた半沢らのTVでは表現できない心の動きというか心理描写が少なく、物語の深みの面では物足りなかったですね。
なお、本書は実際に起こったJAL破綻処理に際し、2009年政府主導のJAL再生経過をほぼ忠実に再現した筋立てです。ネット上の[ウィキペディア>JAL再生タスクフォース]に詳しく経過が書かれており、本書を読んだ後にみると、「本書に登場する銀行は、大臣は、実際はどこ、誰。。。」とか、楽しめると思います。
−−−−−
■本書の基本情報
・筆者:池井戸 潤[イケイド ジュン]
・略歴:1963年岐阜県生まれ。慶應義塾大学卒。'98年、『果つる底なき』で江戸川乱歩賞、2010年『鉄の骨』で吉川英治文学新人賞、'11年『下町ロケット』で直木賞を受賞。
・発行:文藝春秋
・発売:2017年9月
・ページ数:434p
■これまでに購読した池井戸潤の著書
なし
このレビューのURL

25人が参考になったと回答
このレビューは参考になりましたか? 不適切なレビューを報告する

5 2018-05-28

  • 商品の使いみち:趣味
  • 商品を使う人:自分用
  • 購入した回数:リピート
銀翼のイカロス 『池井戸 潤』
★出向先から東京中央銀行本店に復帰した半沢直樹に頭取から大仕事が降ってきた。破綻寸前の航空会社、帝国航空の再建を担当せよというのだ。
【おすすめ度】★★★★★
いつも、ハラハラドキドキの展開、面白いですね・・・。
このレビューのURL

21人が参考になったと回答
このレビューは参考になりましたか? 不適切なレビューを報告する

5 2018-03-20

  • 商品の使いみち:趣味
  • 商品を使う人:自分用
  • 購入した回数:リピート
銀翼のイカロス『池井戸 潤』
銀翼のイカロス『池井戸 潤』
やっぱり面白いですね。。
(あらすじ)
出向先から東京中央銀行本店に復帰した半沢直樹に頭取から大仕事が降ってきた。破綻寸前の航空会社、帝国航空の再建を担当せよというのだ。
このレビューのURL

10人が参考になったと回答
このレビューは参考になりましたか? 不適切なレビューを報告する

5 2017-10-04

  • 商品の使いみち:趣味
  • 商品を使う人:自分用
  • 購入した回数:はじめて
流れるようなストーリー展開はいつもながらさすがです。ドラマよりは、劇画調部分が目立たず、読みやすいと思います。
このレビューのURL

3人が参考になったと回答
このレビューは参考になりましたか? 不適切なレビューを報告する

5 2017-10-09

  • 商品の使いみち:趣味
  • 商品を使う人:自分用
  • 購入した回数:はじめて
ずっと読みたかった本です。ようやく文庫になりました。読後の爽快感がイイです! 今回、黒崎がいい味出してます。
このレビューのURL

2人が参考になったと回答
このレビューは参考になりましたか? 不適切なレビューを報告する

5 2018-03-02

  • 商品の使いみち:実用品・普段使い
  • 商品を使う人:自分用
  • 購入した回数:はじめて
面白い
お決まりの展開でも面白く読み応えがある。
このレビューのURL

2人が参考になったと回答
このレビューは参考になりましたか? 不適切なレビューを報告する

  • Yogjyaさん
  • Yogjyaさん
    50代 男性 購入者 レビュー投稿 225
  • お気に入りレビュアーに登録

5 2018-01-13

半沢直樹シリーズの第4弾です!
本書は、言わずと知れた半沢直樹シリーズの第四弾です。これまで『オレたちバブル入行組』、『オレたち花のバブル組』、『ロスジェネの逆襲』が刊行されてきましたが、今回はこれに次ぐ第4冊目にあたるのです。本書は、これいまで以上に物語がパワーアップしています。従来からの赤字企業再生を巡る主人公らの苦悩・奔走と銀行内の対立はもちろんですが、それに金融庁や政治家が複雑に絡んできるため、読者は一体どのような結末になるのか、全く予想がつきません。ハラハラドキドキの連続で、まるで謎解きミステリーのような感覚にも襲われます。半沢直樹シリーズの最高傑作のひとつです。
このレビューのURL

1人が参考になったと回答
このレビューは参考になりましたか? 不適切なレビューを報告する

1件〜15件(全 33件)

関連ジャンル 本・雑誌・コミック小説・エッセイその他

みんなのレビューからのお知らせ

レビューをご覧になる際のご注意
商品ページは定期的に更新されるため、実際のページ情報(価格、在庫表示等)と投稿内容が異なる場合があります。レビューよりご注文の際には、必ず商品ページ、ご注文画面にてご確認ください。
みんなのレビューに対する評価結果の反映には24時間程度要する場合がございます。予めご了承ください。
総合おすすめ度は、この商品を購入した利用者の“過去全て”のレビューを元に作成されています。商品レビューランキングのおすすめ度とは異なりますので、ご了承ください。
みんなのレビューは楽天市場をご利用のお客様により書かれたものです。ショップ及び楽天グループは、その内容の当否については保証できかねます。お客様の最終判断でご利用くださいますよう、お願いいたします。
楽天会員にご登録いただくと、購入履歴から商品やショップの感想を投稿することができます。
社会的責任[CSR]